Skip to content

神戸の賃貸物件退去時の明け渡し審査

神戸の賃貸物件契約を解除し、そこから退去する時には明け渡しの審査があります。明け渡しの審査は、入居時と退去時で室内の状態を比較するために行われる審査です。神戸の賃貸物件は、大家さんまた不動産会社の大切な資産にあたります。

借り物の部屋なので、家賃だけしっかり払っていれば使い方は自由というわけにはいきません。神戸の賃貸物件を借りてそこに住む人には、責任や義務が生じます。

借り手の責任や義務といえばまずは家賃をしっかり支払うことですが、室内を大切にまた適切な注意をもって使うという善管注意の義務も忘れてはならないものです。その物件の契約を解除して退去する際には、原状回復義務が生じます。

原状回復というのは、借りていた部屋を入居時の状態に戻して大家さんや不動産会社に返却してから退去して下さいという義務です。室内を元通りにして返却とは言っても、どんな物件も年数が経過することによって劣化します。

これが経年劣化という変化です。原状回復の義務については、賃貸物件取引を管轄する法律である宅地建物取引業法においてガイドラインが設定されています。ガイドラインは、経年劣化については原状回復義務に含めないことを定める内容です。

つまり自然劣化についてはは借り手が元に戻す責任はなく、それ以外の通常を超えた使い方によってできたキズや汚れについて原状回復義務が発生します。

神戸の賃貸から退去する時の明け渡しの審査は、借り手による原状回復の範囲を決定するために大家さんや不動産会社が行うものです。この審査で決定した箇所について、借り手には自己負担で修理やリフォームする必要があります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です