Skip to content

神戸の賃貸物件を借りる前の初期費用

神戸の賃貸物件を利用する前には、初期費用が必要になるのでお金を蓄えておくことは欠かせません。初期費用には、礼金、仲介手数料、敷金があり、その賃貸物件の一か月あたりの家賃の金額に対して何ヵ月分という形で支払うことになります。

賃貸物件によっても違いがありますが、神戸でも人気の物件となると半年分ほどの家賃の金額が必要になることもあり、一ヶ月分の家賃金額が高ければ半年分と言ってもかなりの高額な費用が必要なことになります。

初期費用のうちの礼金というのは、その物件を所有している大家さんへ支払われるお金となります。お礼と言っても、すでに払う金額は指定されていることになります。なかなか借り手がつかない賃貸物件になると、大家さんが一ヶ月でも早く誰かに借りてもらいたいことからこの礼金を安く設定していることもあります。

また、不動産屋へのお礼としては仲介手数料という形で支払います。礼金は、二ヶ月から三ヶ月ほどが一般的ともなるのですが、仲介手数料は一ヶ月分の家賃金額までというのが法律で定められています。

一方、敷金になるとお礼ではないので、場合によっては自分にそのまま全額戻ってくる可能性があります。大家さんへ預けておくことになり、利用目的としては家賃滞納時や退去後に部屋の中の設備が壊れていたり壁紙などを異常に汚した場合に使われています。

神戸の賃貸でも、初期費用のうち敷金が高いということは安心への備えとして考えられています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です