Skip to content

神戸の賃貸物件に申込みをすると入居の審査がある

神戸の賃貸物件探しで気に入った物件に出逢い、現地見学で細部の確認もした結果借りたい気持ちがはっきりしたら入居の申し込み手続きをします。

入居申込みは、不動産会社や大家さんが持っている申込書に入居する人の名前や勤務先、収入などを記載して全員または契約者の記載された住民票、それに連帯保証人にななってくれる人の同意書、印鑑証明などを添えて提出するのが一般的です。入居申込書を提出すると、該当の神戸の賃貸物件をに契約したいという正式な意思表示をしたことになります。入居申込みの次のプロセスは、審査です。

不動産会社や大家さんは、入居申込書が提出されるとその人が大切な資産である神戸の賃貸物件を貸すにふさわしい人がどうかをチェックします。これが入居審査です。不動産会社・大家さんにとっては、借り手は毎月の家賃や管理費をしっかり支払ってくれることが大前提になります。入居審査では、借り手の経済状況が重要なチェックポイントです。入居申込書には契約者やその家族の勤務先や金属年数、年収などを記入しますが、不動産会社や大家さんは申込書に書かれた内容を元に契約する人の経済的な能力を調査します。

神戸の賃貸物件に入居申込みの手続きをする際には、連帯保証人の勤務先や年収なども申告するのが一般的です。連帯保証人は借り手本人がもしも家賃を延滞してしまったというケースでは代わって支払いの責任を果たすことになるので、入居の審査では連帯保証人を引き受ける予定の人の経済状なども調査されます。入居審査は通常不動産会社や大家さんにより行われますが、保証会社の連帯保証人代行サービスを利用する場合は保証会社も審査に参加します。審査は1週間前後かかるのが一般的で、クリアすると次はいよいよ正式契約に向けた準備です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *