Skip to content

神戸の賃貸一戸建てを選ぶポイント

神戸で賃貸一戸建てに入居したいのなら、物件選びの時に注目したいポイントがあります。

不動産物件としての敷地面積と建ぺい率です。一戸建てには土地の敷地面積に対する建ぺい率が定められていますので、敷地いっぱいに一戸建てを建築できるわけではありません。必ず建物以外の余裕スペースが必要になります。神戸は都市部ですが、建ぺい率を無視して建物を建築できるわけではありませんので、一戸建ての場合は大型住宅であっても、ガレージを施工するスペースの余裕が生まれるのが一般的です。賃貸一戸建ての場合は、ガレージが自動的に付随してくると言っても良いでしょう。

神戸で賃貸一戸建てを選ぶなら、次に建物の面積にも注目します。建物の面積には、建築面積と、延床面積があります。建築されている床面の面積と、法律の規定に則っている延床面積とは数値が異なる場合があります。高さが140センチメートルに満たなければ、延床面積に加算しなくてもよいからです。ロフトや屋根裏が該当するスペースの場合が多いです。延床面積はマンションやアパートと同じ間取りであっても、実際に収納空間として利用できる面積が広くなる可能性も出てきます。

一戸建てならではのメリットですから、物件探しの時に注目してみましょう。家賃の設定は、あくまでも延床面積が基準になる場合が多いので、同じ程度の家賃でも、利用できる面積が大きく異なってきますので、ロフトや屋根裏の有無を確認しましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *