Skip to content

神戸で賃貸を選ぶポイント

神戸で賃貸マンション・アパートを選ぶときには、男性か女性かでポイントが異なるかもしれません。

女性の場合には1階の部屋は借りにくいようです。下着どろぼうなど、1階の部屋は防犯上リスクがあるからです。

しかし、2階以上の部屋がどろぼうからターゲットにされないかというと、そうでもありません。マンションの20階以上でも空き巣に入られるということがあります。マンションは3階以上の鉄筋コンクリート、アパートは2階までの木造もしくは軽量鉄骨というイメージがあるかもしれません。

しかし、それほど厳密な区別はないようです。一般的には、3階以上の建物はマンションと考えておけばよいですが、3階のアパートも存在しています。アパートはハイツやコーポと呼ばれることもありますが、こちらも厳密な区別はないようです。

神戸で賃貸の部屋を探すとき、見学をすることが重要です。見学をせずにすぐに契約をすることも可能ですが、リスクがあるのでおすすめはしません。

不動産会社の担当者は聞かれなければ不利なポイントは教えてくれないということもあります。売れない物件を契約することも仕事なので、おすすめされたからといって優良とは限りません。

騒音被害、ゴキブリ、隣人トラブルなど、賃貸選びではさまざまなポイントを気をつけておかなくてはなりません。夜になると雰囲気が変わったり、工場から騒音が聞こえたりということもあります。神戸で賃貸を探すときは慎重になっておきましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *