Skip to content

神戸で賃貸物件を借りるメリット

神戸は兵庫県の県庁所在地のある都市で人口は153万人を超えます。

南側は大阪湾、北側は六甲山があり、また東側は大阪に続いています。神戸といっても場所によって地域の質が異なり、六甲山と大阪湾に挟まれた地域はビジネス街やショッピング街、住宅街があり市の中心部となっています。

エリアとしては非常に狭い地域で人口密度も高い地域です。その一方で六甲山より北部や六甲山の山麓、また西部の丘陵地帯にはニュータウンが広がっており多くの自然が残っていますが、これらは鉄道や道路によって市内と直結されています。賃貸物件の多くは神戸市中心部が中心で、多くのマンションがあります。

メリットとしては山と海に囲まれた都市であり、また阪神大震災以降の復興によって道路も広く整備されています。また公共交通面でも鉄道が東西に走っており、また新幹線の駅もありますし、空港もあり高速道路も走っているなど大都市に必要な一通りの交通インフラが整備されています。

神戸での賃貸物件の相場は地域によってことなってきますが、ワンルームでは6万円前後が相場ですが、市中心部から外れると5万円前後で借りることができます。またファミリー向けの賃貸物件では10万円前後が相場です。

市中心部は12万円程度ですが、市中心部から外れると9万円前後で借りることができる物件もあります。人気エリアは神戸市中心部の元町や三ノ宮などがありますが、ファミリー向けでは六甲山の山麓があり自然豊かな六甲周辺が人気があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *