Skip to content

神戸の賃貸アパートの相場について

神戸の不動産賃貸においてはアパートは選択肢の1つになります。

神戸は、市域は中心となる中央区をはじめとして、垂水区、須磨区、長田区、兵庫区、灘区、東灘区、北区、西区で構成されており、それぞれに特徴があります。賃貸相場も異なり、選ぶ際には地域環境も含めて事前に情報を入手しておく必要があります。

神戸における賃貸アパートは、平均家賃が60、322円(1、861円/㎡、6、153円/坪)、平均築年数16.4年、平均駅距離21.6分、平均専有面積35.6㎡(10.8坪)になり、築年数で見た場合の家賃相場は、新築物件7、210円/坪、築10年物件6、271円/坪、築20年物件5、544円/坪、築30年物件では5.031円/坪になっています。

区別で見た場合の平均家賃は灘区の306、037円が最も高く、最安値としては長田区の50、884円があります。

因みに、灘区が非常に高いのは1物件の家賃が影響しています。賃貸の相場は区内でも異なり、例えば最も高い灘区の場合、平均家賃に影響を与えている6、843、346円の1物件を除けば、最も高い曾和町が117、370円、安い地域としては徳井町の40、271円があります。

長田区においては、最も高い地域でも細田町の77、500円であり、最安値としては萩乃町の28、450円があります。実際の家賃に関しては占有面積に大きな差はないものの、築年数、駅距離が大きく影響しており、長田区萩乃町では、平均築年数で46.3年、平均駅距離が52.3分になっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *